破産寸前の友人に対する債務整理のアドバイス

もし自分の友人が破産寸前の状態に陥っていたらどうすべきか?
私なら法律の専門家…つまり弁護士/行政書士の元へ債務整理の相談に行くように勧めます。
その理由は明白です。
私の知り得ない債務整理の情報を知っているからです。
もちろん、それは友人にとって最善の策であることは言うまでもありません。
例えば、債務整理には任意整理・民事再生・自己破産などがあることは知っていますが、それぞれについて詳しい内容まで知りません。
「餅は餅屋」ではありませんが、なまじっか自分で素人判断をするのではなく、法律のプロフェッショナルに相談することがベストです。

自己破産の相談はこちら


自己破産に関しては中途半端な知識ほど怖いものはありません・
まあ、できることなら、破産寸前の友人にアドバイスなんてしたくはありませんが…。


看護師さんとお医者さんの結婚

看護師さんとお医者さんの結婚が、最近では増えています。
なぜ、お医者さんが看護師さんを望んでいるのかと言えば、それは医療の現場で働く悩みをわかってくれているからです。
社会経験のない女性だと、帰ってくるのが夜中になったり、日曜日もお仕事をしたりということが理解できないようですね。
しかし、お医者さんは専業主婦を望んでいる場合が多いです。
ナースさんがお仕事を続けたい場合は、よく話しておきましょう。
お子様が少し大きくなってから、パートで働くナースさんもいます。
医師の方は、長時間労働で、家のことはほとんどできないのが現実です。
また、教育熱心な家庭で育っているので、お母様もどんな方が気になりますね。
お母様が、あまり難しい方だと苦労しそうです。

抵当権ってご存知ですか?

抵当という言葉、なんだか聞いたことがあるけど、具体的にはよくわからないという方も多いと思います。
日常生活ではあまり使うことはないでしょうが、ちょっと借金をする場合などには大いに関係してくることです。
一般の個人が借金をする典型的なケースはマイホームの購入時です。
いわゆる住宅ローンですね。
これは、もちろん借金で、金融機関からお金を借りることになると思います。
そのときですが、家や土地に対して抵当権を設定するのが通常の措置です。
つまり、借金の担保として、家や土地を抑えておくということです。
もし、借りたお金を返さないと、この家と土地が取られてしまいます。
この抵当権は口約束ではなく、法務局に届け出て抵当権設定登記をするのが普通です。


要チェック!一人で借金を抱え込まないで法律家に相談しましょう。


管理薬剤師について

病院・調剤薬局・ドラッグストアといった医薬品を販売(製造)する場所には、薬剤師以外にある人を置かなければいけません。
そのある人とは「管理薬剤師」です。
管理薬剤師とは、簡単にいえば総合的な管理能力を持っている人を指します。
つまり薬の処方箋はもちろんのこと(薬の管理)、そこで働いている従業員の管理指導をも行うことのできる人なのです。
そしてさらにいうならば、経営者と従業員の橋渡し=相互のコミュニケーションも図らなければいけません。



大学に入り直して薬剤師に転職してみた

数年前に病気を患い、薬というものの重要性を知ってから、薬剤師という仕事に大変な興味を持つようになりました。
そして、会社を退職し、大学に入り直して、アルバイトをしながら薬に関しての勉強をたくさんしました。
今はなんとか薬剤師の資格を得て、就職を決めることができてよかったと思います。
私の友人は会社を辞めて薬剤師になったとしても、30歳に近づいた頃になれば就職先はないと言っていましたが、これが全くの逆で、現在の薬剤師は人手不足で求人広告にはたくさんの募集が載っていました。
今は就職するのに苦労する時代ですが、薬剤師の転職の最大のメリットは、企業に求められているというところにあると思います。
私も大手のドラッグストアにあっという間に就職できましたし、給料も前の会社よりも良くなっているので満足しています。
もちろん、ものすごく忙しいのですが、薬にも詳しくなれますし、自分の健康を守るということに関しても薬剤師の転職はメリットがあるように思います。

特に看護師の転職に強いサイトとして定評ありのナース人材バンク。
最新の求人情報を探す事が可能です。

ナース人材バンク

 

あまたある大学病院の中でも頂点といったらここでは?都内有数の大病院です。

慶應義塾大学病院